女性

基礎化粧品を使い分けることで40代でも輝ける

刺激が関係しています

女性

様々な要因

ニキビはその状態によってきれいに治る場合とそうではない場合がありますが、その状態によって跡が残ったりする場合も少なくありません。また跡自体も短期間で消えてしまう物も有れば、一生残ってしまう物も有ります。跡が出来る根本原因は、ニキビによる炎症とそれによって肌が受けたダメージの大きさです。悪化するとその影響が肌の奥深くまで届くようになってしまう為、軽症の物似比べると跡が残りやすくなってしまいます。ニキビ跡ができやすい物は、炎症を起こして化膿してしまった場合や、ひどく痛みを感じたりする場合です。ダメージを強く受けてしまった場合、通常であれば28日程度で行われているターンオーバーが正常に行われなくなってしまい、赤みが残りやすくなります。またより悪化すると血管は皮下で損傷を受けてしまい、血液が周辺組織にしみだしてしまう事がありますが、その場合は血液の変色によって紫色や赤黒い色になり、ニキビ跡として目立つようになってしまいます。またニキビを無理矢理潰してしまうと肌に傷をつけ、その結果月のクレーターの様なニキビ跡になってしまう場合も有ります。通常皮膚は傷が出来てしまった場合でもそれを改善しようと働きますが、ダメージが大きすぎると正常に改善できなくなってしまいます。また睡眠不足や栄養バランスの崩れなどによって体の調子が乱れると、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。その結果、なかなかニキビが治らないだけでなく、肌の再生が促されず、結果ニキビ跡が残ってしまいます。